Welcome to my blog

ちひろ

ちひろ

天の川

19日から23日にかけて
22時ごろ東の空にオリオン座が昇り始め
オリオン座の右の肩先あたりから放射線状に
流れ星が観測できるようです。

今年は新月のあとなので月明かりもなく
街の明かりが届かない好条件な場所では
1時間におよそ50個ちかくも観測できるよう。
(22時から明け方まで)

それでは、タイムトラベルのような3000年前のハレー彗星の痕跡を
見つけにいきましょう♪


星空


オリオン座流星群は、通常は1時間に20個程度の流星しか
見られないが、06年からは1時間あたり最大で50個以上と急増。
東の夜空に浮かぶオリオン座近くの場所(放射点)を起点に
広い範囲に現れ、肉眼で観測できる。

急増したのは、約3000年前にハレー彗星(すいせい)から
放出されたちりが06~10年の間、地球の軌道に接近するため。
次に急増するのは70年後で、来年は月明かりがあり、
良い条件での観測は事実上、今年がラストチャンスになるという。

(2009年10月19日 読売新聞)



関連記事
スポンサーサイト
最終更新日-0001-11-30
Posted by

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply