Welcome to my blog

ちひろ

ちひろ

秋の訪れと共に

まとめて購入した本たち・・。


いつもの癖で


また5・6冊を平行して読みすすめて・・・。




最近は占星術の専門書から離れて


「こころ」のあり方について・・。


色んな本を読んでます。




お仕事柄いろんな人の「こころ」に触れることが多く・・。



ふと、思ったのは


感情ってどこから来るの?


喜びや悲しみや怒りって・・


人それぞれの感じ方があって


まったく同じ感じ方なんてない。





学校では賢くなるための勉強を教えてもらってたけど


こころのあり方やしくみ。


なぜ、傷ついたり、嬉しくなったりするのか?


自我って?

プライドって?


優しさって・・?


こころの強化・鍛えるってどうすればいいのか?




こころ穏やかにいられるのはどうすればいい?




なんて

教えてもらわなかったな・・。


難しい哲学書や心理学などではなく




もっとシンプルに判りやすく

こころに染み入るように


理解できるものはないかな???


って事で

ピン!!と来たものを読み進めてます。




少しずつ紹介させていただきますので


深まる秋とともに

「こころ」のあり方

苦しみや悩み・・

そして

幸せって・・・???などなど



そうなんだ!!

ほっとする事

目からウロコの真理など

知っていくのも

こころの浄化。

こころの開放♪



小さな気づきが

あなたの背中をそっと押してくれるでしょう。





こころを清らかにする言葉こころを清らかにする言葉
(2010/08/28)
アルボムッレ スマナサーラ

商品詳細を見る



こころを清らかにする言葉 より


自分を知ることの真理

「自分の本音に気づかないから、幸せになれないのです。」



幸せになりたい、悩み苦しむことなく明るく生きたいと願っても

そう簡単にはいかないと多くの人が思ってます。


人生が思うように進まないのは、そういう運命だからではありません。

社会や時代が悪いわけでも、生まれや育ちのせいでもありません。

自分自身の本音に気づけないことが問題なのです。


私たちは、自分の事がかわいくてしかたないのに、自分の内なる声をきこうとしません。

世間体や周りの思惑にとらわれて、どのように生きたいのかを

真摯に自分に問うことを忘れてしまっています。

どう生きたいかより、世間に馴染む自分になるにはどうするかを考えていては

幸せになれるはずはありません。


本音に気づかないから、幸せになれないのです。


わが心に潜むものを知った人だけが、自分を世界一の幸せ者にしてやれます。

自分の本音を知ることは、他者にはできません。

あなた自身が、耳を澄ますしかないのです。




1章 がんばらない

2章 求めない

3章 怒らない

4章 くよくよしない

5章 とらわれない

6章 おそれない


仏陀が伝えたかったことを判りやすく解き明かす!


「不完全でいい、でもいい加減ではない

これが私の精いっぱいだ」というのが、一番すばらしい生き方です。


アルボムッレ・スマナサーラ 著


































関連記事
スポンサーサイト
最終更新日-0001-11-30
Posted by

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply