Welcome to my blog

心の羅針盤 Dolphin Heart *心理占星術*

Article page

星のカケラたち。

もうすぐ満月が欠けながら昇る頃
今は厚い雲に覆われて
月食を眺められそうにありません。

最近は金星逆行中で
楽しみといえば外に出かけるより
お家で本やテレビを見ること。

2012年の天体現象
金環日食・金星太陽面通過・2012年12月21日マヤ暦の終わり
について深く知りたくて・・。

古代マヤ文明のなぞ
宇宙の始まり
太陽系の成り立ち
過去に地球に訪れた危機や変動
黙示録など・・。

過去の文明や
宇宙や自然現象から学ぶ事がたくさん。

現代の観点からの変化に対する
近代社会の未来予想など。

興味の対象はどんどん広がり
広大な時の流れと宇宙の始まりから
太陽系の終わりまで
好奇心の扉がひらく・・。

宇宙の始まりは
小さな素粒子の大爆発(ビッグバン)。
宇宙はその時から時間を刻みはじめ
光り輝く恒星を誕生させた。

星の一生の終わり
恒星の爆発(超新星爆発)
そのカケラでガスの大きな塊ができ
恒星のカケラから、太陽が生まれ
太陽の周りを公転する惑星が形作られていく。

地球も恒星の爆発から生まれた星のカケラ。

そして地球の生命体である私たちも星のカケラ。

星の子なのだ。

なぜ古代の人が星に共鳴して
太陽や星に神様を重ねてきたかを理解する。

すべての生命の元は宇宙の始まりにあるようだ。

そんなふうに
地球がどうして生まれたか
その後に起こった地球の変化も
始めて知る事がいっぱいあって・・。

今の地球の状態がどれだけ
人間にとって幸せな環境であるかを思い知る。

当たり前に酸素があると思ってたけど

もともと地球はメタンガスに覆われていて
酸素はその頃の生命にとっては有害なガスだったよう。

地球は何度も生命の絶滅と進化を繰り返し
今の生命が生きていける環境になった。

今ある月ももともとは月ではなく
火星くらいの大きさの惑星が
地球とぶつかり、その衝突の時に
互いの内郭が外に流れ出し、
互いの衝突のカケラで月ができた。

月は地球の一部で出来てるのね。

地球も月の一部で出来てるのね。

だから月を見上げると
どこかに忘れてきたものを思い出せるような。

なんだか懐かしい
こころが落ち着く
美しいと思える。


美しいものをこころから美しいと思う瞬間
そのこころに神様は宿る。

大事にしたいな~。

今在ること。
地球に生きる事。
地球に共に生きる命。

水・空・大地・海・川・自然・動物・樹
火・エネルギー。
太陽。月・・・。


当たり前だと思ってるけど
当たり前じゃない日常・・。

宇宙や命の始まりを知ると

もっともっと
シンプルになれるよう。

ははっ。

満月の話だったのに
壮大になって
まとまらないけど
最後まで読んでくださってありがとう。

まだまだ、知らないことはいっぱい。
興味津々・・。














関連記事
スポンサーサイト

Category - 徒然なるまま・・

0 Comments

Post a comment