Welcome to my blog

心の羅針盤 Dolphin Heart *心理占星術*

Article page

夢のしっぽを捕まえる♪ 

~2月の星の動き~

2日 金星 みずがめ座
2日 火星 うお座 
5日 水星 うお座
9~11日 金星と土星 
      火星と木星
18日 太陽 うお座
19日 土星 逆行
23日 水星逆行(うお座~3月17日)
26日 金星 うお座 

~夢のお話~

目が覚めたとき
まだ半分夢の中が現実のときに
夢のしっぽをつかむ・・。

ありありと思い浮かべるのは
まだ頭がこの世界を認識していないとき

こっち(現実)の世界へカチってスイッチが
入りきらないうちに

スルスル夢の世界のイメージが降りてくる


今朝の夢の世界はちょっと楽しかった。

ジェットコースターのような
スピードの速い
小さなカプセルのような乗り物

そこに教官のような人に乗せられる
きっとテスト飛行だ!


どんな洋服かは確かではないけど
動きやすいモビルスーツのようなもの

私はいつもの感覚でヘルメット(宇宙飛行士のようなまあるいやつ)を忘れて
教官に注意される、教官は愛情を持って叱ってくれるのでなんだか幸せな気分・・。
(きっと守られてる安心感)

だってここから先はヘルメットに靴がなくてはとっても危険だから。

そう、私はヘルメットも靴もつけないで
その不思議なジェットコースターのような高速の乗り物に乗った。

丸腰に気付いてももう遅い。(汗)

安全ベルトを慌ててセットしながら、その乗り物は動き始める。

そのとたん、
水しぶきを上げながら、高速で進む(まるでウォータースライダー)

やっぱり、教官の言うとおり・・。
ヘルメットと靴は必要だったな・・。

足と頭は守らなくちゃ!

どこかに到着すると
髪の毛を固定させてくれる
ヘアセットのようなドライヤーのようなものを渡される。

でもそのドライヤーのようなものは
髪の毛を瞬間冷凍させる
アイスマシーンなのだ。

髪の毛もチョコレートアイスのようで
一本一本が太いアイスの束。
それを何とかセットするの

ぐるぐると頭の上で渦巻きをつくり
うずまきリーゼントのようなチョコレートアイスヘアー!!

それをその停車中のピットインのようなところで借りた
ドライヤー(冷凍ドライヤーなんだけど)で固めるの。

思いのほか渦巻きにするのが楽しくて
しかもうずまきのリーゼント(植物みたいなんだけど)が
とっても決まっててご満悦!

こうなったら
夢の世界はなんでもあり・・。
もっとへんてこな、ジェットコースターの旅は続くのだけど

朝起きてつかんだ夢のしっぽはここまで・・。



そして何となくまた夢の境界線について思う。

2月の初めから星はみずがめ座とうお座に多く入り。

ちょとボーダーラインがはずれる感じ・・。

常識では理解できないような事も起こるし。

そんな世界を理解するにはいい時期なのかも・・。

常識を外すてって悪い事をするってわけではなく。

科学でも常識を超えて発見や発明があるわけで・・。


電話も固定電話からどこでも持ち歩ける

携帯になったように・・。(今はなくてはならないようだけど)

そんな携帯もまた形を変える通信手段が出てくるはず・・。

脳に直接伝達できるようチップを埋め込むとか・・。

そんな事をしなくても
本来備わってる「以心伝心」が蘇ってくるのかも(笑)


かなり突飛に聞こえるかもしれないけど・・。

未来のコミュニケーションは今より進化していくの・・。



あ~あ。言葉にして説明しだすと

世界がまた元(ここ)に戻る。

イメージが降りてくるとか

沸いてくるって・・。

この意識と無意識の狭間でおこってる。

直感とか霊感もそう。

ずっと話そうと思ってる

現実と夢の境界線も。

この意識と無意識のあいだにある。

意識できるこの世界には秩序があるけど

無意識や夢の世界は秩序がない。

そのギリギリの境界線。


宇宙飛行士がどこまで人間は到達できるのか?

そのギリギリの境界線をどこまでも追い求めているように。


夢と現実の境界線にいたってみると。

現実の頭では考えられないような発想や世界がみえてくる。


ちょっと不思議な夢の話。

そうして潜在意識との接触。


うお座で水星・火星・そして月も

夢見の星
そして潜在意識との繋がり

海の守護神 ポセイドン 

その海王星と接触する。


早朝目が覚めてすぐに印象を書き留めるけど

どんどん忘れていく・・。

影響は薄れていく・・。


夢のしっぽなかなかつかめないけど・・。

ただいまゲートは開いています。


常識や従来の思考に捕らわれず

海王星からのいろんなイメージをキャッチしてみてくださいね。



関連記事
スポンサーサイト

Category - 星の動きとココロ模様

0 Comments

Post a comment