Welcome to my blog

ちひろ

ちひろ

☆7月の星の動き
6月30日 水星 かに座に移動
      火星 さそり座で順行

7月 4日 かに座 新月
   7日 七夕(伝統的七夕は8月9日)
    太陽と水星が重なり、金星と火星が繋がる 
   9日 月と木星が並ぶ(おとめ座)
   12日 金星 しし座へ移動
   14日 水星 しし座へ移動
   15日 月と火星が並ぶ(さそり座)

   16日 月と土星が並ぶ(いて座)
   19日 夏の土用入り
   20日 やぎ座の満月
   22日 太陽 しし座へ移動 (大暑)

   28日 みずがめ座δ南流星群が極大
   30日 水星と火星が繋がる(火星さそり座 8月3日まで)
   31日 水星 おとめ座へ移動

☆7月のココロ模様
奈良も青空が広がりグングン気温上昇中。
窓から吹き抜ける風は心地よいですが、かなり蒸し暑い。
水分補給、十分な睡眠と休養で、夏本番の暑さに負けないよう
身体を整えていきましょう。

*火星の順行と共に情熱を取り戻す!
6月末に火星が順行に戻りました。4月中旬から足踏み状態だったことや
なかなかやる気になれなかったこと、目標を絞り込めなかったことなど
内向きや過去向きだったエネルギーもようやく目の前の霧が晴れるように
気力や乗り越える勇気が湧いてきそうです。

特に牡羊座、さそり座の方は自信や勇気を取り戻すチャンス。
目標がまだ定まっていないなら、とにかく動いてみましょう。
頭であれこれ考えるより、閃きや直観を重視してOk.
またはあきらめかけてた事や再チャレンジしてみたいことがあるなら、
もう一度試してみるのもいいでしょう。
これが最後のチャンスと思ったところから思わぬ底力が湧いてくるようです


*習慣・癖・嗜好品など依存性からの脱却~目標を絞り込む
特にしし座、みずがめ座、おうし座は自分に甘くなりすぎないように、ちょっとくらいいいかぁ~と緩めてしまうと、なかなか抜けられなくそうなので、今月はストイックな目標設定がちょうどいいかも・・。スポーツや仕事、達成したいことがあればかなり集中できるので取り組んでみて、秋には成果を感じられるはず。

*熱がこもる
身体に熱がこもりやすいので熱中症にも気を付けて。あまり汗をかかないから~というのは危険です。たくさん水分を摂って、身体の調子を整えてください。

*人の意見も取り入れる
自分の感覚ややり方に固執すると、意外なところで反感をかったりするので、マイペースになってしまうときほど、人の意見に耳を傾ける余裕をもってね。

*リスタート
また、8月の初めには火星がさそり座を出ていくので、今年初めに決めたことや目標をもう一度見直して、仕切り直しや新たにスタートラインに立つことがあるでしょう。

次のステージに進むためには、いろんな問題をほったらかしにしないことが肝心です。
けじめをつける勇気をもって過去に向き合うほど、未来は開けてきます。

すべての人にとってそんなに簡単なことではないかもしれません。たとえ時間がかかることだとしても、その切り替えのタイミングはやってきます。薄く薄く皮をむいていくように日常が変わっていく、そんな次のステージへの扉が開いています。

*七夕
7月7日の七夕は、かに座の金星とさそり座の火星が繋がり、互いの気持ちが通じ合うタイミング。
けんかも理解しあえる為のプロセスとなります。嫌われるのを恐れないで素直な気持ちを大切に。

また金星は天王星ともつながりますので
ハプニングが恋のきっかけになりそうです。友達や意外な人と急接近の可能性も。

あまのじゃくな態度も少しなら恋のエッセンスになりますが、わがままや自由な行動が行き過ぎると永遠と思っていた関係にも陰りが、もうついていけないなんてことにもなりかねないので、今の状況を客観的に眺めて、互いに心地よい距離感をはかり直してね。

*パターンを脱する
同じことの繰り返しではなかなか客観的になれないので、旅に出たり、一人で行動したり、新しい知識や世界観に触れたりするのもいいでしょう。
特に旅に出て帰ってくると、日常が新しく感じる視点が持てるようになります。

長い付き合いのカップルもいつものパターンを脱してみるとよさそう。
初めてのことを二人で体験してみると心拍数が上がってドキドキが味わえそう。
俗に言う吊り橋効果は、長く連れ添ったご夫婦にも必要ですね。
倦怠期のカップルは新しい体験を取り入れてみて。

“つり橋効果”とは、“揺れるつり橋を渡ったことによるドキドキを、一緒につり橋を渡った相手へのドキドキだと勘違いし、恋愛感情だと思い込んでしまう効果”のこと

夏を満喫!子供にかえって遊ぼう♪
12日金星がしし座に入り、中旬以降は水星・太陽もしし座に入ります。
しし座は太陽を守護星とし、おおらかなる自己肯定で輝きを増します。

子供のように純粋な遊び心で夏を満喫しましょう。
時には大人の鎧を外して、ココロから楽しい!生きてる!って感じを取り戻しましょう。

誰かと比べたり、誰かに認めてもらうことを気にしたりしないで、自分が楽しめること
この為に頑張って働くんだよな~ってこと見つけにいきましょう。

生活の安定や将来のことも心配かも知れないですが、今楽しめなくっていつ楽しむの???

*夏はしし座の時間、
子供のような遊び心を思い出してみて。

何をしたら楽しいですか?
この夏何をしてみたいですか?

やってみないとわからない。
行動してみないとわからないことはいっぱいです。

大人こそ日常を離れてチャレンジを。





関連記事
スポンサーサイト
最終更新日2016-11-04
Posted by

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply